堺市・西区・耳鼻咽喉科・耳鼻科『とみやま耳鼻咽喉科』南海本線「諏訪ノ森」駅・徒歩約1分。お子様からあらゆる年齢の方まで、難聴、眩暈、アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、甲腺超音波検査、甲状腺腫瘍に対する穿刺吸引細胞診、甲状腺機能検査、予防接種などに対応。

舌下免疫療法

舌下免疫療法について

花粉症やダニアレルギーが…

  1. 重症の方
  2. 薬での効果が十分でない方
  3. 長年お薬が手放せない方

などにお勧めするのが舌下免疫療法です。

スギ花粉症やダニアレルギー性鼻炎の治療法のひとつに、アレルゲン免疫療法があります。アレルゲン免疫療法は、100年以上も前から行われている治療法です。
これまでは、アレルゲンを含む治療薬を皮下に注射する「皮下免疫療法」が行われていましたが、近年では治療薬を舌の下に投与する「舌下免疫療法」が登場し、自宅で服用できるようになりました。「舌下免疫療法」は、スギ花粉症またはダニアレルギー性鼻炎と確定診断された患者さんが治療を受けることができます。

メリット
現在もっとも根本的なアレルギー性鼻炎の治療法です。アレルギー性鼻炎の寛解が期待でき、70%以上の方が何らかの効果があると言われています。
デメリット
長期にわたって毎日の治療が必要になります。(3年以上継続することが薦められています)即効性はありません。

服用期間

1日1回、少量の治療薬から服用をはじめ、その後決められた一定量を数年間にわたり継続して服用します。
初めての服用は、医療機関で医師の監督のもと行い、2日目からは自宅で服用します。

使用方法

治療薬を舌の下に置き、定められた時間保持したあと、飲み込みます。その後5分間はうがい・飲食を控えます。
※スギ花粉症の場合スギ花粉が飛んでいない時期も含めて毎日服用します。

期待できる効果

  • 鼻水・鼻づまり・くしゃみ・目のかゆみなどの症状の改善
  • アレルギー治療薬の減量
  • 生活の質の改善

長期にわたり、正しく治療が行われると、アレルギー症状を治したり、長期にわたり症状をおさえる効果が期待できます。
症状が完全におさえられない場合でも、症状を和らげ、アレルギー治療薬の減量が期待できます。

副作用

アレルギーのもとを服用するため以下のような副作用があります。

主な副作用

  • 口内炎や舌の裏の腫れ、口の中の腫れ、かゆみ、不快感など
  • 唇の腫れ
  • のどのかゆみ、刺激感、不快感
  • 耳のかゆみ
  • 頭痛

重大な副作用

  • ショック
  • アナフィラキシー※

※薬などに対する急性の過敏反応により、薬の投与後おおよそ30分以内で蕁麻疹・腹痛・嘔吐・呼吸困難・突然のショック症状(顔面蒼白・意識消失など)がみられること。

お薬の費用

保険適応で3割負担の場合、1か月の費用はおおよそ2,000円前後です。
(※診察費・ほかの薬の費用は含みません)

▲ページトップに戻る

とみやま耳鼻咽喉科

南海本線「諏訪ノ森」駅徒歩1(堺駅より普通で6分、羽衣駅より普通で3分)

アクセス地図 アクセス拡大地図
とみやま耳鼻咽喉科写真

駐車場完備(8台分)

〒592-8348
大阪府堺市西区浜寺諏訪森町中1丁112-3 →GoogleMap
診療時間
 9:00~12:00
16:00~19:00

★…月・火曜は8:00から ◆…金曜は20:00まで

休診日土曜午後、木曜、日曜、祝日

当クリニックでは、当日の順番予約と日時指定予約の両方に対応しています。
お電話、クリニック受け付またはインターネットでの予約をぜひご利用ください

TEL:072-265-3387
PAGETOP
Copyright © 2019 とみやま耳鼻咽喉科 All Rights Reserved.